« 日本初のADSLは大分から | メイン | ついにインターネットへ,“one person one homepage”運動 »

ハイパーネットワーク社会研究所

_1_1 ハイパーネットワーク社会研究所のできるまでに関しては先に述べたが、同研究所では1年に1回、あるいは2年に1回の割合で国際会議を開き、国内外から多くの参加者をえていた。IT関係、インターネット関係、ネット関係の主だった関係者は必ず、過去において一度はコアラ、ハイパーネットワーク社会研究所にきている。あの楽天の三木谷社長もきている。「別府湾会議」という名前で10年間継続して開催してきたおかげで「私も別府湾会議に出たことがあるよ」というのが、そういう人たちのひとつのステイタスになったと感じるほどだった。

 そんなことから結局、「情報発信すると世界中から人が集まってくる」、「情報発信すると観光になる」という事を経験として実感した。名勝名物見学するより、人に会いにきてくれる。面白い事が起こっている「地域おこし」に人が集まる。観光とは何かというということを違う形で感じる一つのきっかけになったことは事実だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143745/4915582

ハイパーネットワーク社会研究所を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿