« ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪ - | メイン | ボーヌは六次産業のお手本(1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ - »

2011年7月16日 (土)

トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! -

トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! さて、低床の電車、トラムはどのような特徴があるのか。。。三井物産の方の案内で、LOHR社の工場とその運転試験場を訪ねてきました。 この写真、電車の線路が一つの方式ですね。昨日までは線路が2本の方式だと思ったが、たぶん、この一線方式が今は最先端のようです。 その線路の敷設状況がわかるように試験場が整備されていた。 最初に、プレゼンテーションを受けましたが、今、最先端であるトランスロール(TRANSLOHR)は、 1.一本レール式である。 これは、従来の鉄のレールの上を走る、ということではなく、案内レールというもので、V字型の車輪がこの ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! - 」を見てください。

コメント

God help me, I put aside a whole afetnroon to figure this out.

コメントを投稿

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005