« ボーヌは六次産業のお手本(1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ - | メイン | 川の畔を散歩したくなるシャブリの町、のどかでリッチに見えるけど - »

2011年7月19日 (火)

ボーヌは六次産業のお手本(2)ぶどう畑、ワイナリー、レストラン訪問 -

ボーヌで六次産業のお手本を見た!その2)ぶどう畑とワイナリー訪問、そしてレストラン巡り 確かに農業大国であるフランス、そこから観光産業までとても力強く歴史深く育っていることを改めて思い知ったことです。 観光名所であるロマネ・コンティの畑。 世界中から多くの人が来ているのでしょう、注意書きは英語でも。 東向きのゆるやかな斜面の畑。 (ページ下部の地図:B地点) たぶん、塀から、100メートル強ぐらいの奥行きまでがロマネ・コンティの畑。 詳しくは、ネットで調べたら次々と参考になるページが出てくるけど、僕は素人観光客、詳しくないな。 確かに外国人が、、、徒歩組と自転車組。 我々はこのロマネ村の広場 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ボーヌは六次産業のお手本(2)ぶどう畑、ワイナリー、レストラン訪問 - 」を見てください。

コメント

コメントを投稿

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005