« ドイツのフランクフルトから世界遺産のエッセン・ツォルフェアアイン炭鉱までドライブ - | メイン | トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! - »

2011年7月14日 (木)

ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪ -

ドイツ、フライブルク(Freiburg)の交通に関する取り組みを見た 1990年代半ばからドイツで導入が始まった路面電車=トラム、が、日本からも盛んに注目され、テレビで取り上げられたりしていますね。 1960年〜70年代の車社会一直線の頃は、各自治体が路面電車を廃止して都市交通の主役を自動車にすべく道路整備したのですが、 際限なく増える車や、それに伴う排気ガス、騒音など、都市環境を悪化させることから、1990年代から新世代のトラムが登場。 (1970年代は酸性雨などが発生し、たびたび、悪いモデル都市として脚光を浴びたが、今は逆に良い例としての環境都市に) 低い車床、明るい車内など、いろんな車 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪ - 」を見てください。

コメント

コメントを投稿

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005