« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月19日 (火)

ボーヌは六次産業のお手本(2)ぶどう畑、ワイナリー、レストラン訪問 -

ボーヌで六次産業のお手本を見た!その2)ぶどう畑とワイナリー訪問、そしてレストラン巡り 確かに農業大国であるフランス、そこから観光産業までとても力強く歴史深く育っていることを改めて思い知ったことです。 観光名所であるロマネ・コンティの畑。 世界中から多くの人が来ているのでしょう、注意書きは英語でも。 東向きのゆるやかな斜面の畑。 (ページ下部の地図:B地点) たぶん、塀から、100メートル強ぐらいの奥行きまでがロマネ・コンティの畑。 詳しくは、ネットで調べたら次々と参考になるページが出てくるけど、僕は素人観光客、詳しくないな。 確かに外国人が、、、徒歩組と自転車組。 我々はこのロマネ村の広場 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ボーヌは六次産業のお手本(2)ぶどう畑、ワイナリー、レストラン訪問 - 」を見てください。

2011年7月18日 (月)

ボーヌは六次産業のお手本(1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ -

ブルゴーニュ、ボーヌで六次産業のお手本を見た!( その1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ 今回の旅行で、僕の最大関心事は、このブルゴーニュ地域を見てみたかったこと。 マンガや人の話では聞いたことがあるけど、、、なんだかよくわかってないんだから。 ストラスブールから3.5時間バスに乗ってやってきた。 毎日毎日、何時間もバスに乗ってるんで、今回の移動時間は眠ってしまってて、ボーヌに着いたよ、って言われて、、、いきなりホテルです。 このページ下部にあるグーグルマップで確認して欲しいが、ボーヌの中心、旧市街は約1Km四方の堀と城壁で囲まれたエリアで、そこにホテルがありました。 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ボーヌは六次産業のお手本(1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ - 」を見てください。

2011年7月16日 (土)

トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! -

トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! さて、低床の電車、トラムはどのような特徴があるのか。。。三井物産の方の案内で、LOHR社の工場とその運転試験場を訪ねてきました。 この写真、電車の線路が一つの方式ですね。昨日までは線路が2本の方式だと思ったが、たぶん、この一線方式が今は最先端のようです。 その線路の敷設状況がわかるように試験場が整備されていた。 最初に、プレゼンテーションを受けましたが、今、最先端であるトランスロール(TRANSLOHR)は、 1.一本レール式である。 これは、従来の鉄のレールの上を走る、ということではなく、案内レールというもので、V字型の車輪がこの ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地! - 」を見てください。

2011年7月14日 (木)

ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪ -

ドイツ、フライブルク(Freiburg)の交通に関する取り組みを見た 1990年代半ばからドイツで導入が始まった路面電車=トラム、が、日本からも盛んに注目され、テレビで取り上げられたりしていますね。 1960年〜70年代の車社会一直線の頃は、各自治体が路面電車を廃止して都市交通の主役を自動車にすべく道路整備したのですが、 際限なく増える車や、それに伴う排気ガス、騒音など、都市環境を悪化させることから、1990年代から新世代のトラムが登場。 (1970年代は酸性雨などが発生し、たびたび、悪いモデル都市として脚光を浴びたが、今は逆に良い例としての環境都市に) 低い車床、明るい車内など、いろんな車 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪ - 」を見てください。

2011年7月 5日 (火)

ドイツのフランクフルトから世界遺産のエッセン・ツォルフェアアイン炭鉱までドライブ -

ドイツのフランクフルトから世界遺産のエッセン、ツォルフェアアイン炭鉱までドライブ いろいろとありまして、やってきましたフランクフルト。 日本(成田)を出たのは、土曜7月2日の11時半ぐらいだったかな? 約11時間後についたのだけれど、同じ7月2日のママですが、時間はこちらは19時過ぎで今から夕食時。でも、もう、僕たち眠いし、寒いし・・・ しかし、やはり食べに出ます。 (写真はクリックで拡大) 7月2日、フランクフルトのホテル30階から 現役の市役所、、、600年前に建築? 若いカップルさん、、、 市役所前の広場 近くにローマ時代の遺跡 今日の夕食はここ。 うん、こじんまり、清潔感あるな。 地 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「ドイツのフランクフルトから世界遺産のエッセン・ツォルフェアアイン炭鉱までドライブ - 」を見てください。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005