« ソムリエさんが二人もいるイタリアン、オステリア フリッジ,渡辺通から春吉に入ったとこ - | メイン | 九州大学の古川先生を、5月21日ジオメディアのパネルディスカッション前に訪ねてきました - »

2010年5月 9日 (日)

逞案寮 根上(ていあんりょう ねがみ)、警固の旬を大事にする和食店です。 -

逞案寮 根上(ていあんりょう ねがみ)、警固の旬を大事にする和食店です。 和食の根上、アパートからそう遠くない警固エリアにあって、風呂上がりに9時前ぐらいにふらりと入ってみた。 もう、終わりですか?って聞いたら「いいですよ」とのことでカウンターに。 最初の一品は写真取り忘れちゃった。 もちろん、ワインもありますが、シャブリ、シャルドネなどがハーフであったので、それらを飲み比べ風に楽しんだ。 たこが柔らかかったし、里芋もカボチャも薄味だがしっかりあじつけられておいしかった。 桜と藤で、今の季節〜 “旬”を大事にする店主の気持ちを感じますねぇ。 それと、刺身醤油のお皿、醤油のところが少し窪んでい ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「逞案寮 根上(ていあんりょう ねがみ)、警固の旬を大事にする和食店です。 - 」を見てください。

コメント

コメントを投稿

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005