« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

上海ウォーキング(その3)、田子坊は新しい街づくりメソッドに見えるし、邸宅レストランは羨ましい景観 -

雨が少し小降りになったので、チャンスとばかり歩きまわる。ガイドブックを頼りに探した、少しわかりにくい場所にある“田子坊”という場所。 何しろ、一般的に、英語も日本語も通用しないので、人に聞くわけもいかず、地図を頼りに探し出す。 周囲はこんな普通の通りなのでわからなかったけど、上の写真の門?を見つけて、納得。 その門の中は迷路のような小さな街路。 その両側は、様々な店がびっちり。 この人、きっと日本人観光客?ずーっと、カメラのボタンを押したままゆっくり歩いており動画写しているようだ。 こんな置物や ピザのお店もある。 15元(1元=14円)とは、約210円前後? 雨がやはり人通りを少なくしてい ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「上海ウォーキング(その3)、田子坊は新しい街づくりメソッドに見えるし、邸宅レストランは羨ましい景観 - 」を見てください。

2009年9月25日 (金)

上海ウォーク(その2)朝の散策と、ハイカラな新天地、雨ばかり、、、、 -

とにかく雨によく降られた上海ウォーキング、、、 でも雨にもめげず歩きまわりましたが、これは朝の散策。8時頃だったかな。街角で朝市らしき処で人が賑わってます。 こういう果物やさんが目に付く。バナナぶら下げ。 この落ち葉の清掃者もたいへん多いんです。 これってスーパーかな。 生き物をそのまま売っている、、、 生きたカエル、、、ボクは苦手、、、 商店が開店するまでの朝の時間、その商店の前で 露店で牛乳を売ったりしているし、活力旺盛! ウォーキングで困ることは、交通感覚が日本と違うこと。 車は右側交通ってのもあるんだけど、歩行者より自動車優先。その自動車も大きい車ほど優先?強い車ほど、弱いところで強 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「上海ウォーク(その2)朝の散策と、ハイカラな新天地、雨ばかり、、、、 - 」を見てください。

上海ウォーク、大分と福岡を歩き続けてその勢いで上海を歩いてきた(その1) -

上海の豫園に行ってきた。シルバーウィークの上海ウォークを思い立ち、急遽出かけたモノの、雨ばっかりで靴が泥だらけになったけど。 来年の上海万博開催前に、どんな状況なのか、福岡から1時間半の、いわば東京に行くのと変わらない中国本土、、、近いのに一度も行ったことが無い。 で、急遽、思い立ち、2泊3日でウォーキングに出かけられるなんて、やはり近いな。 この豫園、ガイドブックによると、1559年に造園開始された古い庭園で、その周辺に土産物店などが集まった観光地のようだ。 なるほど、建物などは、わざわざそのように建てられたものかも。おのぼりさんか、外国人か、物売りの人がいっぱい? 乗り物が、多彩ですね。 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「上海ウォーク、大分と福岡を歩き続けてその勢いで上海を歩いてきた(その1) - 」を見てください。

2009年9月19日 (土)

エルガーラで19日まで楽しめる地場産久留米の数々です〜 -

エルガーラで19日まで楽しめる地場産久留米の数々です〜   今日と明日(9月18日(金)、19日(土))、エルガーラで久留米物産フェアがあってる! 久留米がすりを着た女性の方々に、おいしい田主丸葡萄や、お酒を楽しませてくれます! しかし、くるめがすりの着物、ちょうど、この時期にいい感じ〜♪       着物姿見るだけで、にこやかな気持ちになるのは、ボクだけ?ついつい、話しかけたくなってしまう。  その久留米がすりは、様々なグッズになって並んでます。見てて飽きないかも。           &n ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「エルガーラで19日まで楽しめる地場産久留米の数々です〜 - 」を見てください。

2009年9月16日 (水)

始発の電車に乗って生の松原ウォーキング、、、 -

 始発電車に乗って、ウォーキング、、、生の松原を歩いてみた、 前回は、この反対側とも言うべき、福岡の東に位置する海の中道を歩いたので、今度は、西の海岸線だ!   朝早いのは、歩く人だけではない、釣り人だって、、、、        この朝、ウオーキングの勢いで、たまたま地下街に入ってしまったので、「まーてよ、、、始発は何時だろう?」と、見たら、折良く後5分ぐらいで来るらしい。 そこで、いそいそとホームに降りてみたら、若い人達が、ベンチに座り込んだりしてて、、、つまり、徹夜組みたい〜         ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「始発の電車に乗って生の松原ウォーキング、、、 - 」を見てください。

2009年9月15日 (火)

薬院六角付近はけっこう素敵なバーがある、それもビルの1階でドアを開ける楽しみを感じさせてくれる -

薬院六角付近はけっこう素敵なバーがあるんです、それもビルの1階でドアを開ける楽しみを感じさせてくれるんです。 今日は、その内、二つのお店を紹介しますね〜。 先ずは、Bar Ugle(ウーグル) このように、素敵なカウンターで、先ずは落ち着かせてくれます。 この日は、女性が一人で来てた。そういうことができる落ち着いたお店。 ワインは、グラスでいただけますが、「ウチは、ワイン専門ではないので、、、」と、本来のバーとしてのメニューが出てきます。 これは葡萄だよ 天井の証明、折り紙細工みたい 天井デザインの面白さ、、、 これは冷房。金属の板で、冷たい水が流れてる。 この重厚な扉が誘っている。 隣の家 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「薬院六角付近はけっこう素敵なバーがある、それもビルの1階でドアを開ける楽しみを感じさせてくれる - 」を見てください。

2009年9月 9日 (水)

出版のお祝い〜薫平さん(由布院玉の湯)、健太郎さん(亀の井別荘)の労をねぎらう宴〜 -

出版のお祝い 〜薫平さん(由布院玉の湯)、健太郎さん(亀の井別荘)の労をねぎらう宴〜 2009年9月6日(日) :健康温泉館クアージュゆふいんホール (由布市湯布院町) 2009年9月6日、 由布院観光のカリスマ、溝口薫平さんの「虫庭の宿」(創刊)、中谷健太郎さんの「新版たすきがけの湯布院」(再刊)の出版お祝いの会が開催されました。 *(左から)薫平さんと健太郎さん。 *「虫庭の宿 溝口薫平聞き書き」著者の野口智弘さん(写真左)に花束を贈る薫平さん。 本には、1年を超える合計50回もの取材結果がまとめられています。 本来スポーツ記事の担当である野口さんは由布院に1度も来たことがなかった“由布 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「出版のお祝い〜薫平さん(由布院玉の湯)、健太郎さん(亀の井別荘)の労をねぎらう宴〜 - 」を見てください。

大分市内から30分のリゾート地ゆ、由布院は出版祝いで盛り上がってます -

大分市内から30分のリゾート地ゆ、由布院は出版祝いで盛り上がってます 大分市内から30分のリゾートって言えば、やはり由布院だろうなぁ。 緑いっぱいで森林浴そのものが売りですね。 先週の木曜にちょっと寄ってきた。お腹空いたので、玉の湯でランチ。 実は、カメラのテストでもある。小型のカメラ、ピントが壊れてしまったので、再調達。 玉の湯は、こういう和風郷土料理がメインでおいしい。お昼ご飯まだの人には目の毒の写真かも。 その次の日曜の6日は、出版記念パーティがあったんですね。 その本は、以下のとおり。このパーティの模様はコアラの三宮が別途レポートするでしょう。(その翌日、福岡経済同友会の例会に出席し ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「大分市内から30分のリゾート地ゆ、由布院は出版祝いで盛り上がってます - 」を見てください。

2009年9月 7日 (月)

天神から25分のリゾートって、そこでウォーキングと癒しだよ〜 -

天神から25分のリゾートってのも有りですねぇ 満月の下の博多湾、、、、しかし、この眺めは海の中道からなんです。 従って、対岸の明かりは、人工島や福岡タワー、フクオカドームのある方向。 ちょっと普段とは違う眺めを求めてやってきた。 何しろ、福岡市内を朝夕関係なくウォーキングしてますが、やはり、夏は水辺の側を歩きたいなぁ、、、、と、常々思ってますが、 大濠公園も、西公園も、百道の海岸も探険しきったボクには何かもの足らない、、、、 で、この9月の最初の土日、、、、8月いっぱい忙しかったので、それを癒すウォーキングを決行。 なんのことはない、車でアパート(天神)から,飛ばすことなく25分で到着する海 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「天神から25分のリゾートって、そこでウォーキングと癒しだよ〜 - 」を見てください。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005