« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

福岡で最高のレストランだな、サーラカリーナ、やはり素晴らしい -

・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「福岡で最高のレストランだな、サーラカリーナ、やはり素晴らしい - 」を見てください。

2009年3月24日 (火)

大名の若い女性が一人でも来ている赤ちょうちん、味処「三和 -

・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「大名の若い女性が一人でも来ている赤ちょうちん、味処「三和 - 」を見てください。

2009年3月13日 (金)

天神の壁面垂れ幕広告、なかなかいい味です -

天神の壁面垂れ幕広告、なかなかいい味です ソラリアとイムズ、互いに20周年なんだそうです。 互いを意識しつつ、健闘をたたえ合う! この天神にはそういう街づくりの意識があります。 西鉄さんの街づくり意識の高さにも起因すると思いますが、 例えば、大丸さんや三越さん、岩田屋さんなどのデパートの方々も、天神という街づくりをいろいろと志向され動かれています。 楽しくなりますね〜♪ ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「天神の壁面垂れ幕広告、なかなかいい味です - 」を見てください。

2009年3月 9日 (月)

24時間営業の一軒家、レトロ民家改造の居酒屋さん、ワインもしっかり! -

24時間営業の一軒家、レトロ民家改造の居酒屋さん、ワインもしっかり! 今回は、ちょっとかわったお店を紹介しましょう! なんというか、トタンの壁もあるし、パイプが突き出てるへんな感じ。 でも、先ずは24時間営業の看板に目が引かれます〜 ふふ、入ってみると、もっとレトロ。カウンター、壁、あちこち、なんとなくかわいい感じ。 なんか、見たところ「ラーメン屋さん」っていってもいいような雰囲気も併せ持つ店内! 店の名前は YURURI ゆるりとする材料はいろいろとある! ボクにとって、その第一は、ワイン! ボトルでビオワイン、飲めるぞ〜!それもけっこうイケル! いや、カウンターの上に貼られた名刺や、他店 ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「24時間営業の一軒家、レトロ民家改造の居酒屋さん、ワインもしっかり! - 」を見てください。

2009年3月 2日 (月)

和風ヘルシービュッフェレストラン“柿安・三尺三寸箸”でメタボ対策 -

和風ヘルシービュッフェレストラン“柿安・三尺三寸箸”でメタボ対策 こんな昼ご飯なら、きっとヘルシーでしょう? ただし、食べ過ぎなければ! ここは、大丸・東館エルガーラの5Fのレストラン。 昨今、バイキングのお店をよく見ます。欧風であったり、中華風であったり、農家風であったり、、、でここは和風。 黒板やポスターにつられて、、、 とにかくいろいろと、、、大皿が空になりそうになると次々と新しい料理が追加される。。。 料理の種類は80種以上だとか。 お客様は、ほとんど女性です! (ボクは、隅でおとなしく一人でもぐもぐする) あ、個室も3部屋あります。 しかし、この時間(朝5時!)にこんなレポートつく ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「和風ヘルシービュッフェレストラン“柿安・三尺三寸箸”でメタボ対策 - 」を見てください。

2009年3月 1日 (日)

立春が過ぎて、今年の冬の総決算!? 鍋焼きうどん〜 -

立春が過ぎて、今年の冬の総決算? 鍋焼きうどん〜 さぁて、今年も様々な処でお世話になった鍋焼きうどん! あなたのお気に入りは? 最初のこの三枚の写真は、福岡市中央区赤坂の信濃庵 ここは鍋焼きうどんといっても三種類ある。 冒頭の写真は、五目鍋焼きだけど、その他、天ぷらが 乗ったものや、すき焼き風の鍋焼きも! いろんなメニューがあって飽きません。 下の写真はどこだったかな? 福岡市大名の国体道路沿いのウェストうどん屋天神店だったと思う。鉄鍋で、いかにも〜、って感じ。 左とこの写真は鍋焼きでは無いけれど、 五目風です。 左は、大分の高城の「元禄うどん」のかやくうどん、うまい! 下の写真は、どこだっ ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「立春が過ぎて、今年の冬の総決算!? 鍋焼きうどん〜 - 」を見てください。

プレジデント2.0〜デジタルオバマから見る昨今のジャーナリズムと政治の関係 -

プレジデント2.0〜デジタルオバマから見る昨今のジャーナリズムと政治の関係 皆さん、 いろいろと応援ありがとうございました。 「デジタル革命で変わるアメリカのジャーナリズム: 伝統的マスメディアからマルチメディアへの移行による アメリカ社会と政治への影響」 講師:スチュワート・シーフェイ氏 (米イメージ・フォートレス社 メディア部門プレジデント と題した講演会のご報告です。 結構、面白くて、笑ったりして、、、以下、気になったこと記しますね。 会場には、新聞社、テレビ局の方々を主体に、行政や自衛隊、IT会社、あるいは、出版関係者、、、いや、様々な方々が100人(同時通訳設備のマックス数?)来ら ・・・

詳しくは、 百聞一見レポート「プレジデント2.0〜デジタルオバマから見る昨今のジャーナリズムと政治の関係 - 」を見てください。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 10/2005